顔にきびの予防・対策 -バランスの良い食生活-

当然のことですが、食生活も顔にきびに影響を及ぼします。

油分の多い食事は、皮脂の分泌量をふやします。

ですので取りすぎは、顔にきびの原因になりますので注意が必要です。

要は、脂分に限らず栄養のバランスが大切です。

偏った食事は、ビタミンやミネラルの不足を招き、皮膚をはじめとした代謝機能の低下を招いて
しまいます。


では、顔にきびの予防・対策としてはどのような食事を心掛ければ良いのでしょうか。

ビタミンB2:皮膚や粘膜の新陳代謝を促します。

   ウナギ、牛乳、卵、チーズ、豚肉、しめじ、納豆、まいたけ、モロヘイヤ、などに含
   まれます。

ビタミンB6:皮膚の抵抗力を高めます。
 
   イワシ、カツオ、サバ、サンマ、マグロ、レバー、などに含まれます。


ビタミンC:皮膚の老化やメラニン色素によるシミ・そばかすを防ぎます。

   アセロラ、いちご、キウィフルーツ、さつまいも、じゃがいも、すだち、なばな、パセリ、
   ピーマン(赤、黄)、ブロッコリー、みかん、芽キャベツ、ゆず、レモン、などにふくまれます。

顔にきびのためだけではなく、バランスの良い食事は健康にとっても大切です。

スポンサード リンク