顔にきびの予防・対策 -正しい洗顔方法-

顔にきびの予防・ケアに正しい洗顔は大切です。

そんな事、言われなくてもわかっているよ!とおっしゃる方も多いでしょうが、今一度正しい洗顔方法
について考えてみましょう。

顔にきびの予防・ケアで大切なのは、正しい洗顔を毎日行う!ということです。

間違った洗顔を毎日していると顔にきびの発症だけでなく、にきびを悪化させることにもつながります。

では、正しい洗顔法とはどのようなものでしょうか?

1.手を奇麗に洗いましょう。手が汚れていては顔にも汚れがついてしまいます。

2.洗顔には、ぬるめのお湯を使いましょう。

 ぬるめのお湯を使うことによって、毛穴が開き、余分な皮脂が出やすくなります。
 逆に冷たい水を使うと、毛穴が収縮し汚れが落ちません。

3.手で泡を十分にたてましょう

 泡立てずに洗顔料を直接顔につけると、毛穴に洗顔料が入りこんでしまい、流しきらない
 場合、肌荒れの原因になってしまいます。

4.顔全体をしっかり(ゴシゴシではなく、マッサージするように)洗います。
 髪の毛の生え際もしっかり洗いましょう。

5.すすぎはシャワーを使いましょう。

6.仕上げは清潔な、柔らかいタオルで軽く拭き取りましょう。

 毎日の洗顔は朝・夜の二回で充分と言われています。
 (汗をたくさんかいた時は別ですが)

帰るのが遅くなったので、化粧も落とさず、明日の朝シャワーを浴びよう。おやすみZzzz..

なんてことをやると、一晩で顔にきびはできてしまいますよ。

毎日のスキンケアがとっても大切です♪

大人のニキビ肌用スキンケア