思春期の顔にきび

にきびは青春の勲章だ!なんて言葉、昔聞いたような気がします。

この頃は、ホルモンのバランスの影響で皮脂の分泌量が多くなり、顔にきびができやすくなります。

とくに中学・高校あたりまでは、この思春期にきびに悩まされることは誰もが多かれ少なかれ
経験することだと思います。

でも、顔にきびができる度につぶしたり、顔にきびを隠すためにお化粧をしたりすると
にきび跡ができる原因になりますので、絶対に止めましょう。

一度にきび跡になってしまったら、完全に治療することは困難ですので、思春期特有ということで甘くみないで、きちんとしたケアや予防・対策を行いましょう。

大人のニキビつくらない!

先述しましたが、この頃の顔にきびの原因はホルモンの活動が活発なり、皮脂が大量分泌することですので、ケアの方法としては洗顔を中心とした対策をしていくことをお勧めします。

洗顔料は高いものがいいわけではなく、自分の肌に合ったものを使用するようにして、小まめに洗顔しましょう。

お勧めの洗顔方法は→ダブル洗顔

顔にきびができると、毎日鏡とにらめっこして、つぶしたり、薬をつけたりすると思いますが、
顔にきびに限らず、お肌トラブルに関しては、専門の皮膚科などで相談し、正しい治療を受けることが、一番です。

恥ずかしがらずに、顔にきびは早めに専門医に相談しましょう。

スポンサード リンク