顔にきびの種類 -赤にきび-

赤にきびとは、文字通り炎症がおこり毛包付近が赤くはれた状能の顔にきびです。
 
黒にきびが更に悪化したものが赤にきびで、毛穴の内側に溜まった皮脂を栄養と
し増殖するアクネ菌の代謝物が、毛穴とその周りの皮下組織を刺激する事から炎症が起こ
り、赤みを帯びることから赤にきびへと悪化するのです。

赤にきびの段階になると、顔の肌の皮下組織が破壊されはじめます。

したがって、顔の赤にきびが治療できたとしても、完全にもとのお肌の状態に
戻れるとは言いにくいのです。

にきびが赤にきびの状態になる前に、きちんと治療したほうがいいでしょう。

赤にきびを放っておくと、さらに進行し、周囲の組織まで炎症がおよび膿や痛みを
ともなうこともあります。

こうなってしまうと、顔ににきびの跡が残る可能性が高くなります。

日々のスキンケアがとても大切です。

スポンサード リンク